「本人の自覚に任せます」

こう言うリーダーがいます。


部下にいい顔をしたい、

嫌われたくないリーダー。

自覚という言葉で基準を

甘くする傾向にあります。


結果が必ず出ている場合は、

それでもいいのですが、なぜか

「自覚」というキーワードを使うリーダーの

部署ほど成績が芳しくない


言わなくてはいけないことを伝え

ないので、当たり前の結果かもしれません。


今回も顧客フォローの内容について

このままで足りているのか、という

内容を話し合っていたのですが

結局のところ何も決まらず

「本人の自覚に任せます。」

ということに落ち着いたみたいです。


先が思いやられます。こんなモノ

わかりの良すぎるリーダーが組織を

弱体化し、一年後の売り上げを

減少させるものなのです。