人には誰でも能力が備わっています。

ただ、最初から発揮できるわけでは

ありません。

開発が必要なのです。

技を磨くとも言います。

 

仕事においては、処理速度が速い方が

利益が大きい

なぜなら、時間は有限だからです。

同じ時間で量と質をこなすためにも

速度は避けられません。

 

とくに経営者には必須の能力と言えます。

膨大な書類や書籍、情報の洪水にすぐ

埋もれてしまいます。

しかも、経営者自ら発信すべき機会も

多く発生します。

 

そのひとつひとつの質を上げるためにも

処理速度がひとつの目安になります。

 

経営者以外でも処理速度はやはりほしい能力。

同じことを短時間でできることには

価値があります

会社にとってもコスト削減できるわけ

ですから、どこに行っても重宝されます

 

では、処理速度を上げるにはどうするのか。

1)集中力を上げる

2)技を身につける

の2点です。

これは、スポーツを習得するのとまったく

同じことです。

 

日頃の鍛錬によって習得可能です。

私がおすすめしているのが【速読】

この技を身につけた後に、

「集中力アップ」

が感じられ、「できない」という壁が

さらに取り去られたのです。

その後、苦手な分野へ果敢にチャレンジする

自分がいました。


【能力が開花する】

を体験できる数少ないコンテンツです。

何かを人におすすめするのがあまり好きでは

ありませんが、確実なものだけはあえて

紹介いたします。

ムダにならない自己投資のひとつとして

覚えておいてください。