受注の報告メールが届きました。

半年前と比較して、受注金額が二倍の

水準に定着し始めています。

提供している商品、サービスが

変わらなくても、見せ方

販売の方法を変えるだけで

受注金額が二倍になった事例です。

なぜそうなったのか?

それは、顧客が価値を正しく

認めてくれたからです。

もともと、その価値を兼ね備えて

いたわけです。

本人が気が付かないまま、価値より

低い金額で販売していたのです。

自分たちの価値を見直す。

そして、価値を見出す。

顧客に理解してもらえる価値を

創造することが差別化です


差別化できていない人のプレゼンを

見る機会がありました。

いきなり商談に入りスペックの

打ち合わせをし始めます。

そのため、商品力だけで勝負をすることに。

現在商品の価格は下がり傾向にあります。

そのため、この流れで商談をすれば

必ず受注金額は下がります。

業界によっては1/10になっています。

ちょっとした違いを顧客に理解して

いただくだけで大きく受注金額が

増加することにはやく気がついてください。