携帯電話業界について

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | ニュースから企業経営のヒント | 木曜日 28 4月 2011 8:31 AM

携帯電話の普及台数について。

2011年3月の結果が出てきています。

総合計:1億1953万台

約1人に1台

キャリアごとのシェアを見ると

NTTドコモ:48%

KDDI:28%

softbank:21%

Emobile:3%

になっています。

大局で見ると

5:3:2

の割合です。

注目のスマートフォンですが、

学生の普及が急速に広がって

いるそうです。

Emobileがしかけた「100円パソコン」の

市場がスマートフォンに移行しています。

パソコンはますます売れなくなると予想できます。

スマートフォンの高性能化、通信速度の

高速化によってパソコン自体の価値が

半減しています。

また、携帯電話という商品は、まわりの市場を

すべて自分のところに集約してしまう

キラー商品です。

携帯電話の普及により

1)腕時計

2)手帳

3)公衆電話

4)ミュージックプレイヤー

5)カメラ

6)電子マネー、カード

7)パソコン

8)パソコンソフト

などのマーケットが携帯電話に集約され

規模が減少しているのが実情です。

【参考】

携帯台数

http://www.itmedia.co.jp/promobile/articles/1104/07/news068.html

人口

http://ja.wikipedia.org/wiki/人口

 

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Sorry, the comment form is closed at this time.