採用する時に、責任は経営者に

ありますが、直属になる上司の

責任も問う必要があります。

押し付けられた感を少しでも

感じている時には、採用を

取りやめることも考えなければ

なりません。

先日も直属の上司になる方に

確認をしました。

「すべてを背負えますか?」

部下を持つということは、

時間的にも精神的にも逃れることが

できません。

また、抱えたものを簡単に

はずすこともできません

だからこそ、採用前に受け入れの

覚悟をしておかなければいけないのです。