専門家でもなく、研究者でもない方が

発明した「磁力抵抗 ゼロ の発電機」。

画期的な内容です。

発電機の原理は、簡単に言うと

「モーターを動力でまわし電気を発生させる」

ことになります。

Wikipedia 発電機 http://goo.gl/ByL0S

このときに、どうしても磁石とコイルが

引き合う力で抵抗が生じます。

その抵抗をゼロにする発明が出てきたのです。

この構造は画期的で、発電機の弱点を

克服してしまうかもしれません。

たとえば、低回転でも電気が取り出しやすいので

風力発電機

電気自動車(ハイブリットカー)

へ導入されれば、高効率の発電が可能に

なってしまうのです。

大学教授も「目からウロコの発想だ」

と絶賛されていますね。

専門家では、思いもつかない発明を専門外の

人がブレイクスルーしていくのですね。

 

【出典】

 

 

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】

https://www.businesscreation.jp/balance/

【経営の優先順位とは↓】

【経営に関するご相談は、こちらから↓】