最近、同時期に質問を受けたので

まとめておきます。

 

講演の話しの流れについて。

 

 基本形です。

 

聴衆の方々がどこまで知識、経験を持っているか、

を知ることが先です。

 

講演内容とのミスマッチを防ぐためにも必ず確認を

してください。

 

その次に、

聴いていただく方の知識、経験に合わせて

話しを組み立てます。

 

大事なのが最初の部分。

たとえば、「Facebookの活用方法」を語るには

1)Facebookを説明する

だけでいいのか

2)ソーシャルネットワークの説明

まで必要なのか

3)ホームページ、ブログの説明

がほしいのか判断します。

4)そもそも、インターネットとは

という話しが必要な場合もあります。

 

または、

5)メディアの歴史

を語ることも必須になるかもしれません。

 

そのように、聴いていただける方の理解する段階を

こちら側が構築するのが講演内容の組み立て手法なのです。

 

この順番でわかっていただければ、必ずわかる、

という流れを構築してください。

最初は試行錯誤で何度もつくりなおすかもしれませんが

そこから、「わかりやすい説明ができる人」に

なることができます。

 

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
https://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】

【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/