事業をする上で【どの業界】に属しているかは

必然なことです。

それぞれの業界には、

慣習、決まり、縛り、伝統、雰囲気

が独自に存在しているものです。

 

先日も経営者の方と事業計画を話していたときに

感じたことがあります。

 

経営者も

【業界の枠】にとらわれてしまうものだ、

ということです。

 

 

 【自分たちの業界】の横にある業界まで

視点を広げると、マーケットがちがった形で

見えるものです。

 

広げれば広げるほど、マーケットが無数に

存在していることに気が付きます。

 

そして、

マーケットとともに、そこに顧客がいて

どんな要望を待ち望んでいるかまで

想像できるのです。

 

そうなれば、事業計画も可能性を広げたバージョンへと

飛躍していきます。

 

さすがに、この作業は、経営者しか

できないでしょう。 

 

だからこそ、将来を予測し、形作っていくことは

経営者にとって大きなウェイトを占めるのです。

 

一人になって深く考えることができる場所で

一度視野を広げてみてください。


【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
https://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】

【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/