商品サービスの数を増やす時の注意です。

 

こんな時代だから、思い切った【低価格】

商品サービスをリリースすることもあるかと

思います。

 

そんな時、

どのチャンネルで

だれが

販売するのか、に注意しなければなりません。

 

 

 

なぜならば、思い切った【低価格】は

〈顧客層がちがう〉

からです。

 

そのため、

販売する担当(営業)は、今までの人とは

別の人が行うべきです。

 

たとえば、

同じ人が、今までの商品と新しい低価格の

商品を販売しはじめたら、どうなるのでしょうか。

 

やはり、

「低価格」の商品しか、売れなくなるのです。

 

時には、顧客と商品サービスの不適合を発生

させてしまいます。

今までと同じ顧客層に低価格をすすめてしまい

満足度を下げてしまうのです。

 

せっかく〈低価格商品〉を出すことによって

新規顧客を獲得し

売上げ増

につなげるはずが、結局、全体の売上げ減

なってしまう。

 

だからこそ、

別の担当(営業)が販売することが望ましく、

できることならば

別チャンネル

で取り組むことが必要になってくるのです。

 

 

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
https://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】

【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/