fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

基本を見失うと・・・負ける

コミケ

日本の家電メーカーが迷走してしまっています。

韓国製に国内でも負け始めました。

国内家電量販店でもテレビなどは海外メーカーが

売り場を広げることでしょう。

この要因は数多く語られるところですが

シンプルに考えてみます。

【ターゲット】と【顧客要望】の2つに注目。

世界では、中間層がアジアエリアに急激に広がりました。

今後は、アフリカなども視野に入ります。

このターゲットを見誤ったことが一つの要因。

そして、顧客の要望に応えることが負けてしまった。

国ごとによって細かい要望が違います。

その要望に応えず、付加価値という名の高機能で

売り込もうとしました。

しかし、ずれていたのです。

対応力が弱く、スピード対応ができなかったのです。

この基本が実践されない組織になってしまったことが

遅れをとったことになります。

歴史を振り返ってみると、日本が飛躍したのは、

現在海外メーカーが実践していることをやっていたから。

基本に忠実だったのです。

その基本を忘れてしまった。

皮肉としか言いようがありません。

顧客は自分が欲しいと感じた商品を買うだけです。

冷酷に判断します。

その選択に残れるかが企業の実力。

基本を見直し、スピードを上げることが優先です。