事業承継の場に立ち会うことがあります。

先日も、事業を引き継ぐであろう息子さんと

お話をしました。

少しずつですが会話を進めているようです。

 

様子を聞いてみると、現社長は、息子さんを

信用していない様子。

経営者としては、「まだまだ」と感じてしまう

わけです。

 

息子さんの方も、進んではいますが遠慮がち。

親子の会話というのは、なかなか本音で言える

ものではありません。

近すぎるから、というのがその要因でしょう。

いろいろな感情が出てくるわけです。

 

はっきりしないからこそ、経営は

「もぎ取る」

しかないと思っています。

乱暴な言い方ですが、息子さんが腹を決めて

経営をゆずってもらうことを交渉する、という

やりかたです。

 

そんな形で事業を継承した方は、おおよそ

うまくいくことが多いようです。

この形なら、思い切って任せられますし、

引き継ぐ方も決心していますから。

 

今後の楽しみです。 

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
https://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】

【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/