fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

相乗効果とコラボレーション

新緑

 

会社のビジネスを新規で考える時には

「相乗効果」

があることに絞ることです。

まったく経験のない業界に新規で手を出すことは

危険な行為です。

新規ビジネスが今までの本業にとっても

相乗効果がある

と判断できる時に、決断することなのです。

他にも、新規ビジネスの時は、他社と

コラボレーション

をする時があります。提携したり、時には

合併まですることがあります。

ただ、このコラボレーションは、企業と企業の

文化の衝突が必ず起こります。

成功事例が少ないことを知っておいてください。

期待値、思惑、習慣、判断基準が違いすぎるため

提携後、1年経っても何も進まないことの方が

多いくらいです。

 そういう意味では、コラボレーションは、他社に

期待しないレベルで提携しておくことです。

新規のことは、考えると楽しいですし、夢も広がります。

そのため、一方では冷静に事実を見極める一面も

優先されるので覚えておいていただきたいところです。