会社という社会性の強い場所では

【怒り】

を表現することは良いことではありません。

しかし、

人が本気で取り組んでいる時は

【怒り】

で反応することがあります。

見分けなければならないのは、

「自分の保身のため」

に怒りを爆発させている人と

「本気で取り組んでいる」

から怒りで表してしまった人がいることです。

 

20代に営業の世界にいた時、

それこそ、本気の【怒り】をぶつけてくる

人たちの中にいました。

なので、何を表現したいのかは理解できるように

なっています。

 

リーダーや経営者が【怒り】を表すと軽く見られる

時もあるので、出さない方がいいでしょう。

ただ、【怒り】で表現してきたメンバーがいれば

それはそれで理解してあげる部分も必要かと思います。

ある種のメッセージですので。 

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
https://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】

【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/