価格の見せ方は、企業によって大きく違います。

先日、大手スーパーの牛乳1リットルパックの価格設定が話題に

なっていました。

現在、牛乳はコスト高で高騰している現実が

あります。

そのため、あるスーパーは、PB商品で200円を

切る価格設定を目指したため、1リットルではなく

900ミリリットルにしたのです。

もう一方の他社は、1リットルのままで

224円の設定。

900ml→198円

1L→224円

という図式です。

ここに各社それぞれの「こだわり」が見て取れます。

価格重視、もしくは、低価格としてこだわりたい会社は

量を減らしてでも200円以下にこだわったのです。

この価格設定を消費者がどう判断するかは、今後ですが

200円以下に設定した会社の方が売れると見ています。

それにしても、価格設定には正解がないので、こうした

事例を見ていくのは参考になるはずです。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】
ツイッター
https://twitter.com/fujiwaratake
Google+ プラス
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
https://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】

【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/