思考は、「ゆっくり考えてから結論を出している」

と思われています。

しかし、人に言われたことに『カッ』となるところを

見ると、そうではないことがわかりますね。

言われたことに対して『反射的』な思考で判断しているのです。

この反射的思考は、蓄積されて染み付いているものなので

意識されることが少ないようです。

逆に熟考的思考は、質問されたことに対して

『そこから考え始める』

ときにあらわれます。

自分の記憶の中に答えを持っている場合は、どちらかといえば

反射的に答えをしゃべってしまいますね。

仕事の成果をあげるには、反射的思考を減らし、熟考的思考の

時間を増やすことだと最近は強く感じますね。