fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

量はすべてを凌駕する

「愚直にやり続けることで何かが見えてくる」

と語る人がいます。

実体験で経験した人だけが言うことができる言葉。

何かしらの結果を出してきた人は、

「量がすべてを凌駕する」

ことを知っている。

体験している。

だから、愚直にやり続けることの意味を知っている。

逆に、この原則を知らない人は、量をこなさない、こなせない。

たとえば、先月から取り組み出したことを

「私はこれだけやっている・・・」

と雄弁に語り出してしまい、結局のところ量をこなす前に

やめてしまう。

意外にリーダーであったり、トップにも多い。

結果を出す人には、シンプルな根拠があるだけなのだが

シンプルすぎて理解できないのかもしれないですね。