fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

過剰スペックという視点

過剰スペックという視点

商品を設計するときに、通常は

「過剰なスペックは削る」

ことが普通です。

コスト低減のために各企業が努力しているのも

この点でしょう。

しかし、消費者は、逆な部分に魅力を感じることがあります。

『過剰スペック』な商品をほしがることがある、または、

過剰スペックに魅力を感じる、ということ。

たとえば街乗り自動車がメインなのに

『4輪駆動車』や『SUV』

のくるまを購入したり、街で生活しているのに

着ている服は、なぜか登山用だったり・・・。

この意味のない余分な性能が魅力ある差別化と

感じるわけですね。

そういう意味では、商品パッケージも無駄がありすぎる

過剰パッケージの方が価値を感じやすいのも納得ですね。

このように、過剰なクオリティや過剰な性能を付加した方が

お客様が魅力を感じることがあるので、単に削るだけでなく

その一方で過剰部分を足していく、という視点も必要です。