時短を軸にした商品がまた出てきたようです。

長期的に見て、生活関連の商品は

・時短

へと向かっています。

時短を可能にする商品を開発するメーカーは

今後も増加するでしょう。

削減できた時間がどこに移行するか、を考える

だけでもビジネスのネタが出てきます。

楽しみですね。