旧商品に新技術

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 土曜日 20 2月 2016 8:05 AM

今まである商品に新技術を投入することで

雰囲気は昔ながらを保ちながら、新技術で

省エネであったり使いやすくなったりします。

たとえば下記商品。

昔ながらの電球にLEDを投入。

雰囲気は昔ながらの電球の味を出しながら、

省エネ、長持ち、であるわけです。

他にも、古い自動車に電気自動車の動力を

積み替えるという商品もあります。

ようするに、電気自動車化です。

ある会社では伝説の名車をハイブリットカーとして

復活させました。

こちらの場合は、レプリカ新車です。

 

旧商品は廃れるだけでなく、新技術によって

新しい商品に生まれ変わることがあるのです。

新しいジャンルがうまれたといってもいいと

思います。

 

 

【fjコンサルタンツ 公式サイト】

 

【時代の流れをつかむ!気になるニュースを毎日ピックアップ】
ツイッター
Google+ プラス
http://goo.gl/ulO8p

 

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】

 

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Sorry, the comment form is closed at this time.

1 / 11