1年経つと なぜかやめてしまう

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 月曜日 22 2月 2016 9:05 AM

先日のことでした。

とあることを毎月実施することにしていた

会社があったのですが、今年に入ってから

なぜか先延ばしになっていました。

毎月1回だけでいいのですが、今までに

やっていないことなので労力がかかる、とのこと。

ムリしないとできない範囲、がんばらないと

できない範囲、だったようです。

はじめてからちょうど1年が経とうとしていました。

このような事例は、実は多いです。

特にはじめてから1年ぐらいが多いのでは

ないでしょうか。

やっていても成果が見えない、意味がないのでは

という声を自分の中でさがしてしまうようです。

ここを越えると、がんばらなくてもできる範囲に

なるのですが、越えたことがない人には感じない

とのこと。

非常に残念です。

会社の強さは、決めたことを例外なく実施することです。

これには、会社のトップであろうと例外はありません。

決めたことを実施できない会社を見ると

会社のトップである役員の方々が例外をつくっている

のを見ることになります。

それが弱さです。

この弱さにも例外はない、ということですね。

【fjコンサルタンツ 公式サイト】

 

【時代の流れをつかむ!気になるニュースを毎日ピックアップ】
ツイッター
Google+ プラス
http://goo.gl/ulO8p

 

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】

 

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Sorry, the comment form is closed at this time.

1 / 11