がんばったから自分にごほうびを与える行為に

ついて考えてみます。

忙しい期間が終わりホッとする時、自分に対して

「ごほうびだから・・・」

とモノを買ったりします。

これが何度も続くと、目的が逆になることも。

たとえば

がんばることが目的だったのに、ごほうびでモノを

買うことが目的にすりかわるのです。

こうなると、がんばるレベルが下がったりしながら

ごほうびに依存していくのです。

仕事において、目的が逆転してしまうと結果に

結びつきません。

プロセスを自分で評価し、ごほうびを与えることは

仕事の時はしないほうがベターなのです。

仕事でがんばったならば、結果で達成感を

味わうべきであり、安易に自分にごほうびを

与えるべきではない、ということ。

この点を軽く考えている方もいるので

十分注意したいです。