自分にごほうびを与える人ほど・・・

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 土曜日 7 5月 2016 9:49 AM

がんばったから自分にごほうびを与える行為に

ついて考えてみます。

忙しい期間が終わりホッとする時、自分に対して

「ごほうびだから・・・」

とモノを買ったりします。

これが何度も続くと、目的が逆になることも。

たとえば

がんばることが目的だったのに、ごほうびでモノを

買うことが目的にすりかわるのです。

こうなると、がんばるレベルが下がったりしながら

ごほうびに依存していくのです。

仕事において、目的が逆転してしまうと結果に

結びつきません。

プロセスを自分で評価し、ごほうびを与えることは

仕事の時はしないほうがベターなのです。

仕事でがんばったならば、結果で達成感を

味わうべきであり、安易に自分にごほうびを

与えるべきではない、ということ。

この点を軽く考えている方もいるので

十分注意したいです。

 

 【経営の本質を学ぶ1冊】
 『企業経営を学ぶ』組織運営の王道と新たな価値の創造 平居暉士著

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
https://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Sorry, the comment form is closed at this time.