景気が届くところ

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 日曜日 22 5月 2016 9:24 AM

先週は飛行機で移動する機会が

多かった。その中の1つが

日本海側に着陸する予定だったが天候不良のため

伊丹空港に着陸。

JRで慌てて移動することになった。

時間に限りがあったのでタクシー移動。

運転手さんに景気を確認したところ

「法人さんでの利用は多いです」

と。

「ただ、個人の方が利用されることはまだ・・・」

とも。

景気が回復しても結局のところ会社の経費が

使えるようになっただけで、給与は伸び悩んでいる。

そのため、プライベートで飲みに行くことや

タクシーを使うことは、さほど増えていない、と

予測される。

景気を見るときには、

・だれの財布からお金が支払われているのか?

を見ることによって、景気が届く先がわかるのである。

アベノミクスの伸び悩みもこうした現場の声からも

納得ができるということです。

 

 【経営の本質を学ぶ1冊】
 『企業経営を学ぶ』組織運営の王道と新たな価値の創造 平居暉士著

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
https://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Sorry, the comment form is closed at this time.