有事の時に企業姿勢が問われる

自然災害の有事の時に企業姿勢があらわれる

と感じています。

 

日頃から準備をしている会社は機会を

とらえて力を発揮することが実証されています。

 

熊本地震

今回の熊本地震に関して記事が日経新聞に

出ていました。

 

イオンが被災地に送った物資(支援物資)は

350万個にもなるそうです。

 

一方でセブンアイホールディングスは8万2千個だったようです。

ただ、この個数を単純に比較することはできないので

なんとも言えませんが、イオンの方がメーカー協力が

すぐ対応できるシステムになっていたことは確かです。

 

システムに差が出た

メーカー担当者が直接システムに入力できる体制だった

ことが大きな結果になったようです。

 

あらためて緊急時の体制づくりを考えるきっかけに

なると思います。