U.K.,vote,eu

イギリスのEU離脱を問う国民投票の結果発表が行われた

日本時間の2016年6月24日は投票結果に

一喜一憂する日でした。

BBCで速報を逐一チェックしていましたが

最初から僅差で「離脱」が優勢。

その後、投票結果が開示される度に

差が開いていったのです。

直前の予想では、残留が優勢と見られていたので

為替市場や株式市場は混乱。

日本時間の11時半頃には、為替も株式市場も

一斉に動きました。

為替はこうなると手をつけられません。

数分の内に一気に下がって(上がって)しまう

からです。

こうした国民投票などは最初から結果が

予想できる場合は、さほど市場の変動はありません。

しかし、今回に限ってはどちらになるのか

最後までわからなかったため、大きな変動が出たと

いえます。

今後、ヨーロッパは混迷期に入ることになります。

その点を考慮して予測していくしかありません。