参議院選挙後の景気対策予測。
秋に行われるだろう景気対策は下記のような
内容になるようです。
・中心は公共事業
・消費喚起策としての「商品券」
・保育、介護の施策
・成長戦略に対して予算(人工知能など)
が予測されています。
特に公共事業は過去3年間抑えていたので
ここで大きく出してくるのではないか、と
言われています。
目先、最も結果を求められるのは
「消費対策」でしょう。
デフレ傾向にあることは今後の大きなマイナス
要因となります。
タクシー運転手さんが
「企業は使ってくれますが、個人ではさっぱりです・・・」
と言った言葉が印象的です。
大企業などの部分的には消費するまでの景気が
ありますが、その次の層までは到達していません。
注意深く見ていく必要がありそうです。
 
 
【出典】
 
 
 【経営の本質を学ぶ1冊】
 『企業経営を学ぶ』組織運営の王道と新たな価値の創造 平居暉士著

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
https://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】