トヨタが来年から米国で展開する

モビリティサービス・プラットフォーム(MSPF)。

モビリティサービス・プラットフォーム(MSPF)1

カーシェア時のカギの施錠やエンジンスタートが

安全かつ簡単にできる仕組み。

端末設置型なので改造の必要もない。

モビリティサービス・プラットフォーム(MSPF)2

将来的には、国内のレンタカーにも応用する

と予想されている。

無人でレンタカーの貸し出しができるように

なるのも2年〜3年後には実現しているのだろう。

サービス業の中で接客部分は減少していく。

安価なビジネスホテルなどは、すでに

チェックアウト手続きはなくなっている。

チェックインも自動化されるのは予想がつく。

何が必要で、何が残るのか?

会社によって選択が分かれるであろうし

それがその会社の戦略になる。

 

 

【出典】

 

 

【おすすめ書籍】

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
https://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】