失敗は糧であるのは確か。

失敗の大きさを求める人がいるが

そこには違和感が残る。

失敗の質が問われているように思う。

たとえば、

「どこまで自分が関わったのか」

が重要。

自分で100%考え、自分で100%実践させた

ことが重要だと思う。

・fail harder

という言葉があるが、

「より強い失敗をせよ」

というメッセージだと思っている。

小さな失敗でも自分が100%関わった

ものならば学びは大きいのだ。

大きな失敗をしても人の責任だと

思っている人は学びは少ない、と

いうことです。

 

 

 

【おすすめ書籍】

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
https://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】