ちょっと専門的な話ですが

革新的な内容なので取り上げておきます。

IoTの中心にあるデータ収集が安価で

構築できる仕組みがスタートしました。

京セラが海外の会社と提携したり

ソラコムが提供を始めています。

何が今までと違うのか?

センサーからデータを収集する時の

データ通信料が劇的に下がる(安くなる)しくみを

誰でも構築できるのです。

たとえば、

上記のように特定エリア内の数百〜数万の

センサーからデータを収集するのに月間数万円で

可能になるのです。

センサー1個あたりのデータ通信料は、たった

月間数円〜数十円。

これなら実現はすぐそこにあります。

手に取ることができる範囲にあると

いうことです。

素晴らしい時代だと実感しますね。

【出典】

https://soracom.jp/press/2017020701/

 

【出張時に撮影した空の写真が400枚超】
https://www.instagram.com/fujiwara_takeyoshi/

【経営の優先順位とは↓】