将来を予測した時、

・便利になる

ことは間違いない。

また

・無駄がなくなる

ことも確か。

その中で、データを収集し活用する

動きは加速していきます。

たとえば、各家庭にセンサーがついていれば

火事や水漏れなどの災害を防ぐことが可能に

なるのです。

ただ、各家庭にセンサーを設置することに

抵抗がある人も多いはず。

そうした時に、

「センサーを取付ければ損害保険料が安くなる」

というメリットでセンサー設置件数が飛躍的に

伸びることも予測されています。

自動車の任意保険も同様な現象が起こるでしょう。

今まで変化のなかった保険業界は、今後20年〜30年間に

嵐に巻き込まれることになりそうです。

 

【出典】

IoTが集める消費者のデータで保険会社は年間60億ドル節約できる?

 

【出張時に撮影した空の写真が400枚超】
https://www.instagram.com/fujiwara_takeyoshi/

【経営の優先順位とは↓】