ロボットは各業界で広がるといわれているが

価格の壁によってさほど進んでいない。

爆発的に広がるには、低価格のロボット開発が

求められている。

ある会社が月額3万円のロボットサービスを

はじめた、と発表。

月額3万円は今までの商品サービスの中では

低価格で、このサービスを提供する会社も

「利益は出ない」と発表している。

では、月額3万円で普及するのか?

今までよりは増えるが広く普及はしない、と

考えています。

法人向け商品サービスでは、ひとつの分岐点が

・月額2万円以下

になるからです。

たとえば月額1万8千円だと普及数が一気に

増えていくのです。

では、こうした低価格の商品サービスを出してくるのは

どのような会社なのか?

おそらく異業種から参入する会社でしょう。

一気に商品サービスの品質や性能を削ることができるのは

異業種の方の発想だからです。

ロボットの業界は、まだ普及する段階ではないようです。

もう少し先になりそうですね。

 

【出典】

 

 

【出張時に撮影した空の写真が400枚超】
https://www.instagram.com/fujiwara_takeyoshi/

【経営の優先順位とは↓】