通常、値段が安い方を顧客は選択する

といわれています。

しかし、すべてがそうではありません。

高い価格のものを選ぶこともあるのです。

そのパターンを知っておくことは

ビジネスには欠かせません。

たとえば、ある会社の設備投資の場合。

なぜか見積りを取ると

120万円と380万円

という大きな差が出ていました。

顧客は最終的にどちらを選んだのか?

結局のところ380万円を選択。

ビジネスの場合には

・将来利益を生むこと

・マイナスを解決すること

には費用を惜しまない。

今回は、大きなマイナス部分があり

それをどうしても解決したかった、とのこと。

高いから売れない、安いから売れる、といった

一般論に惑わされることなく

顧客の意図を透視したいですね。

 

 

 

【出張時に撮影した空の写真が400枚超】
https://www.instagram.com/fujiwara_takeyoshi/

【経営の優先順位とは↓】