建築をはじめ工事現場では作業する人が

不足している状態が続いている。

人口減で労働者数も減少すれば、さらに

追い打ちをかけることになる。

そんな中で注目されるのが、省力化商品。

部材でも省力化できることは多い。

たとえば、

水道(給水)配管の省力化商品では

・巻き癖がなく

・巻き出しが楽

・2人かかっていた作業が1人でも可能

となっています。

動画をご覧いただくとわかりやすいですが

作業が楽ということは、時間の短縮、

作業人数の減少につながるので、コスト減が

しやすい。

特に今まで作業効率があまり上がっていない

建築現場などは効果が大きいはず。

こうした取り組みをいち早く試す会社ほど

結局のところ効率アップ、利益増を

勝ち取ることができるわけですね。

 

 

 

 

【出張時に撮影した空の写真が400枚超】
https://www.instagram.com/fujiwara_takeyoshi/

【経営の優先順位とは↓】