家庭用ロボットは、普及台数の公式発表が

ないことが多い。

ソフトバンクが出したペッパーやシャープが

発売したロボホンは未知であった。

ある記事の片隅に

「ペッパーは1万台強、ロボホンは1000台

以上が普及したとみられ・・・」

と記述があったが真偽のところはわからない。

仮に、この数字を元に売上金額を推定すると

ペッパーは

19万8千円×1万台=19億8千万円

3年間の維持費が約88万円なので

プラス88億円になり、初年度の売上合計は

50億円程度とみられる。

ロボホンは、19万8千円×1000台=1億9千8百万円

になる。

ロボホンの開発費は5億円とも10億円とも

言われており、回収は厳しいことになる。

家庭用の普及はまだ先なのかもしれない。

金額が現在の1/10になれば一気に普及する

時期を迎えるでしょう。

 

 

【出典】

 

【出張時に撮影した空の写真が400枚超】
https://www.instagram.com/fujiwara_takeyoshi/

【経営の優先順位とは↓】