コンビニが4月に値下げ。

61品目で5%程度の値引きをしました。

8年ぶりの大規模値引きです。

洗濯用洗剤やオーラルケア用品などの

日用品の値下げをしてドラッグストアや

スーパーに対抗するようです。

もともと価格競争をしているわけではなく

検討に入る価格差にもっていった、というのが

実情でしょう。

生活必需品はデフレ傾向が続いています。

メーカーはコストダウンを迫られています。

こうした面を見ると財布のヒモはまだ

堅いということです。

 

【出張時に撮影した空の写真が400枚超】
https://www.instagram.com/fujiwara_takeyoshi/

【経営の優先順位とは↓】