米国ベンチャー事例。

フリーランスのドライバーとお客様をマッチング

して当日で届ける配送サービスの管理システムを提供する会社。

自社で配送のインフラを持っていない企業が対象。

ルートの最適化やリアルタイム表示、配送通知、

ドライバーの格付けなどができる。

タクシーではUberが先行しているが、配送版Uberと

呼ばれている。

日本も宅配便がパンクしているのであれば

こうしたサービスが広がってもいいと思う。

ちなみに日本でUberはフードデリバリーで

同じような配送のしくみを実現している。

(自転車配送のみ)

その後フード以外のデリバリーにも広がって

いくのでしょう。

 

【出典】

bringg.com