サービス低下傾向

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 土曜日 6 1月 2018 7:03 AM

【fjコンサルタンツ365日Blog:3300投稿目】

人手不足倒産がニュースで取上げられるように

なりました。

 

求人難が続いています。

募集する時の給与水準・時給も高騰しているのが

現状です。

 

このままだとサービス業はサービスレベルを

維持することができません。

 

『利益を出す生産性』でも取上げましたが

過剰なサービスは減少していくことになるのです。

 

きちんとしたサービスを受けるには

それなりの対価が必要になるということです。

 

特に小売業の店舗は無人化が進むでしょう。

銀行も同様です。

 

気持ちの良い接客を受ける機会は年々減っていく

と考えています。

 

現在でもその余波は感じいます。

サービスレベルが下がっているのを部分的に

感じます。

 

これも時代なので致し方ないのかもしれません。

逆を言えば、ここで高いレベルのサービスを

提供できる会社は大きな差別化になるという

ことです。

 

経営において、どのレベルでサービスを提供

させるのか、優先させていくのかがカギに

なりますね。

 

 

 

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Sorry, the comment form is closed at this time.