10年経っても苦手

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 木曜日 18 1月 2018 7:58 AM

【fjコンサルタンツ365日Blog:3312投稿目】

「もともと苦手なので・・・」

という意識が成長を止めてしまいます。

 

先日も、「この仕事が苦手なので・・・」と

言う30代の方に

「何年やってるの?」

と確認したところ

「10年やってます」

と返答されました。

 

10年間、同じ仕事をして、苦手なんです

と言っているのは

・仕事内容を受け入れていない

・成長を止めている

ことになります。

 

言っている人にとっては正論を述べて

いることになるのですが、まわりから

見たら違和感しかありません。

 

こうした人が成長のきっかけをつかむには

どうしたらいいのでしょうか。

 

人は環境によって影響を受けます。

本人の自覚を促すより、環境を変えてしまう

ことです。

 

たとえば、後輩が大きく成長し、抜かして

いくことで環境は変わります。

 

もうひとつは、1人部署で仕事をすることです。

甘える人がいない状態におかれれば人は

きっかけをつかむことがあります。

 

自分しかこの仕事をやる人がいない、という

自覚が行動をスタートさせるのです。

 

経営において、成長させるためには教育が

必要ですが、環境を変えるという教育も

時には必要だと感じます。

 

 

 

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Sorry, the comment form is closed at this time.

1 / 11