中抜き

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 金曜日 2 2月 2018 6:56 AM

【fjコンサルタンツ365日Blog:3327投稿目】

アマゾンジャパンが書籍を印刷会社から

直接調達する形式を取りはじめました。

 

アマゾンジャパンが出版社に直接発注した

雑誌などを印刷会社から直で自社倉庫に

入れることになります。

 

いわゆる取次店の存在を中抜きする

形になります。

 

現在、アマゾンジャパンと直接取引きをしている

出版社は300社弱。

 

出版社全体の1割程度だと予測されますが

この割合が2割を越えてきた時に一気に

流れが変わるでしょう。

 

出版業界は雑誌が売れない状態が続いていますが

去年はマンガ本も大幅ダウンしています。

 

こうした状況の時は、既存取引きルートだけでなく

新たなルートを模索するのが普通になります。

 

今後、直接取引きの形態が新たにあらわれて

くることも予測ができます。

 

経営において既存ルートを利用することが

優先されますが、状況が悪化すれば簡単に

崩壊する、ということです。

 

今回は中抜きという形であらわれただけです。

 

 

【出典】

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26392390R30C18A1TJ2000/

 
1 / 11