新規参入

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | 経営の優先順位 | 水曜日 7 2月 2018 8:39 AM

【fjコンサルタンツ365日Blog:3332投稿目】

新規参入に怯える業界があります。

他業界から新規参入してくるのが

予想できるからです。

 

たとえばオフィス、店舗やホテルの清掃。

ロボット化が予想できるため、大手が

参入を表明しています。

 

新規参入する側は経営の戦略を練るのが

比較的楽です。

 

もともとのシェアがないので、思い切った

戦略を選択、優先できるからです。

 

逆に元々その業界に長くいた会社ほど

対応が遅れる場合があります。

 

組織が大きいほど、シェアが大きいほど

対応するのに時間と費用がかかるからです。

 

企業規模が小さくても、手を打たなければ

結局のところ対応が遅れ、後手にまわって

しまうのです。

 

では、どうするのか。

今後、自分の業界が向かう場所に先回り

しておくだけです。

 

いつ、その場所に業界が追いついてくるのか

わかりませんが、先回りしてポジションを

確保しておけばいいだけなのです。

 

時期の予測は難易度が高いので、方向性が

予測できた段階で将来の場所へと早々と

到達するだけでいいのです。

 

完璧なタイミングを狙うのではなく、

しかも機会を見失うことなく経営するには

この手法が一番です。

 

それにしても、今週の株価は日本も米国も

大きく変動しています。

こうした変動も昨年の秋頃から予測されて

いました。

そのタイミングが今スタートしただけです。

 

先回りしておけば経営においては問題ない

というわけです。

 

ソフトバンクロボティクスが「清掃ロボット」業界へ参入する理由とは!AIで自動走行する床洗浄ロボットを来夏より発売

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Sorry, the comment form is closed at this time.

1 / 11