重くなっているのに伸びている

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | ニュースから企業経営のヒント | 金曜日 27 4月 2018 7:30 AM

【fjコンサルタンツ365日Blog:3411投稿目】

 

自動車の進化を振り返ると

燃費の伸びは著しいものがあります。

 

諸条件は変わらず燃費だけを伸ばして

きたと感じていました。

 

しかし、開発条件は以前より悪化しているのです。

自動車の重量が以前より重くなっているからです。

 

安全基準が厳しくなってきたため

その基準を満たすと重くなってしまうのです。

 

自動車の平均重量は(軽自動車は除く)

1980年度:950kg

2010度以降は:1350kg(環境省データより)

と変化しています。

 

実に1.4倍に増えています。

 

今後は軽量な鉄を使用される予定ですが

コストの関係でまだ普及していません。

 

今後はエンジンの燃費を伸ばすことだけでなく

軽い材料の採用が進むことになると予測できます。

 

それにしても条件が悪くなりながら

それ以上の結果を出している開発は

評価されるべき内容だと思います。

 

 

【出典】

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO29825780V20C18A4TCP000/

——————————-

『図解でわかる! 回せるPDCA』が

電子書籍(kindle版) になりました。

eラーニング Wisdom School

『利益を出す生産性の導入プロセス』

〜当事者意識から可能思考が持てるリーダーへ〜

http://www.wisdom-school.net/content/485/index.html

 

 

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Sorry, the comment form is closed at this time.

1 / 11