1年で46万円

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | ニュースから企業経営のヒント | 日曜日 6 5月 2018 7:51 AM

【fjコンサルタンツ365日Blog:3420投稿目】

500人アンケート調査。

1年前に就職した男女にヒアリングしたところ

貯蓄金額の平均は

・46万円

だったようです。

 

平均値なので中央値はもう少し下がるので

30〜40万円

程度となるのではないでしょうか。

 

今の20代は最初から老後の年金に対して

不安を感じているので貯蓄金額は増えていると

予想できます。

 

ただ、貯蓄の手法を知らない人も多い世代なので

会社で知識を教えることも必要不可欠だと

感じています。

 

お金のコントロールを通じで金銭的自立を実現し

精神的な自立へとつなげていってほしいと

願っています。

 

これからの時代は、マネーリテラシーが

あるのとないのでは大きさな差が開くと

感じます。

 

人生に大きな差ができるということです。

知らないではすまされないでしょう。

 

2016年に行われた金融リテラシー調査では

金融情報を見ている人ほど、失敗が少ない

という結果が出ています。

 

ごく当たり前の結果ですが、それが

できないと情報弱者となり正しい選択が

できなくなるのです。

 

そのためにも、毎日の新聞を眺めることは

必須だと感じます。

 

20代からはじめて、10年間、20年間経てば

金融リテラシーは自然と身についてきます。

 

興味がなくても眺めることからスタート

すべきでしょう。

 

【出典】

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO30076460S8A500C1PPE000/

https://www.shiruporuto.jp/public/document/container/literacy_chosa/2016/

——————————-

『図解でわかる! 回せるPDCA』が

電子書籍(kindle版) になりました。

eラーニング Wisdom School

『利益を出す生産性の導入プロセス』

〜当事者意識から可能思考が持てるリーダーへ〜

http://www.wisdom-school.net/content/485/index.html

 

 
1 / 11