Everyday Low Priceを実現した

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | ニュースから企業経営のヒント,ビジネスモデル,マーケティングのヒント | 月曜日 30 7月 2018 7:39 AM

【fjコンサルタンツ365日Blog:3505投稿目】

OKストア

Everyday Low Priceを実現したOKストア

OK(オーケー)ストアの業績が注目されています。

会社名はオーケー株式会社

横浜市に本社がある非上場の会社になります。

 

業務のジャンルとしては

ディスカウントスーパーマーケット

及び

ディスカウントセンター

になります。

 

規模は

売上高:3,309億円(2017年3月期)

であり中堅規模になります。

 

注目されているのは成長率と利益率の高さ。

成長率は7〜8%の成長を継続しています。

この成長スピードは、

約10年間で売上が2倍になる速さです。

 

経常利益率は常に5%前後を維持しているのです。

この業界では2〜3%が多いので5%というのは

突出しています。

 

他にも、顧客満足度が高いのも有名です。

実際に行くとわかりますが顧客目線

ポップなどが書かれてあり親切心を感じます。

 

たとえば、果物のポップでは

「今回入荷の◯◯は糖度が低いので

糖度を気にされる方は次の入荷をお待ち下さい」

といった気遣いがされているのです。(オネストカード)

 

商品の価格が安いのも特徴のひとつですが

利益率を確保しているのは工夫があります。

 

1商品1メーカーの仕入れに徹しているのです。

たとえば醤油はこのメーカー、油はこのメーカーと

1メーカー主義にして価格を抑えながら利益を出す

仕組みにしています。

 

価格重視でメーカーにこだわらない顧客層を

対象にしているわけです。

 

特売日を設けずエブリデイロープライスを

頑なに続けているのも特徴としてあげられています。

 

新店舗を立ち上げてから加速をつけるには

特売をするのが普通ですがそれもやらない。

 

そこまで徹底することで理解されやすい店舗と

なっているのです。

 

創業者は注目の飯田4兄弟

このOKストアの創業者は飯田勧氏。

この飯田勧氏の兄弟が経営者一族。

 

飯田勧氏は三男ですが

長男は家業の酒卸問屋を引き継ぎ(岡永)

次男は居酒屋チェーンの「天狗」

四男はセコム

を創業、経営しています。

 

話題のひとつとして取り上げられています。

 

今後のオーケーストア

身近にあるオーケーストアは見に行くように

していますが、店舗によって雰囲気は大きく

違います。

 

店舗の新設のところもあれば、そうでない

店舗もあり印象が全く違います。

 

また、ビジネスは拡大すると経費が下がる

ように思えますが成長期には経費が

かかることも多く、その点も無視できません。

 

メディアではイオンと比較してイオンが

負けているような記事になっていますが

規模が違いすぎて比較対象にはなりません。

 

その点を見間違わないようにしたいです。

 

【出典】

https://ok-corporation.jp/

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Sorry, the comment form is closed at this time.

1 / 11