「2018年8月」の記事一覧

正しい意見だけど他人事

事業承継者のための生き残り組織運営 組織運営
ボイス 意見

正しいことを言えばいいのか この2年間ぐらいで世の中の雰囲気が 変わりました。 その影響が今年は顕著に出ています。 経営の現場では数年前とは比べようのない 状態が出ているのを感じます。 たとえば 「正しいことだから発言していいだろう」 的なことがよく起こっています。 それ自体は問題ないのですが、言っている人が 自分のことを棚に上げて発言したり、 自分の責務を果たさないのに発言したり、 といった無責任発言っぽいものが増えているのです。 世の中が景気が良い状態が続くとゆるくなると

駅ナカ雑誌販売1/10(1993年比較)

ニュースから企業経営のヒント ビジネスモデル
売り場 雑誌

駅ナカ雑誌販売が1/10になっている 駅ナカの雑誌販売金額が減っています。 ・1993年:874億円 だった販売金額が現在は1/10になっている とのこと。 25年かけて9割減になっています。 現在の金額は出ていませんが1/10ならば 80〜90億円程度ということ。 駅ナカとは、今回の場合 ・JR東日本:790店舗(ニューデイズ等) ・JR東海:170店舗(ベルマート等) の合計960店舗のことです。 駅ナカの店舗の書籍は9割は

他社にやられるぐらいなら何でも取り入れる

ニュースから企業経営のヒント ビジネスモデル 将来予測 経営戦略
タクシー

タクシー会社が自動運転のタクシー導入 この決断、どう思われますか。 タクシー会社が自動運転のサービスを 導入しました。 まだ運行実験段階ですが初の取り組みに なるのです。 この時期に、この決断をされた経営者の 考えを紐解いてみると経営の判断が 見えてきます。 いわゆる競合との

電話をかけまくった

事業承継者のための生き残り組織運営 人財教育 組織運営
電話

創業期の話には得るものがある 創業者の話しを聞くのがとても 興味深いです。 そのような機会が得られると 楽しくなります。 どうしてなのか。 それは、創業時の話は例外なく ・面白さ を兼ね備えているからです。 面白さといっても、今では 面白い話となっていますが 内容は壮絶なものです。 崖っぷちに立たされながら

ヒューマノイドヘッド

将来予測 最先端情報に触れる

ニューマノイドとは ヒューマノイドとは、 ・人間もどき という意味の言葉です。 ヒューマノイドロボットといえば ・人型ロボット を指しています。 単にヒューマノイドだけでも人の姿をした ロボットを指している場合もあります。 ヒューマノイドは人の形をしているので 人に似せていくのがプロセスです。 しかし、ちょっと似てくると

自動販売機で受付と決済

ニュースから企業経営のヒント ビジネスモデル マーケティングのヒント
自動販売機

日本は自動販売機王国 日本では自動販売機は見慣れた光景です。 しかし、この光景は日本特有のものです。 現金が入っている自動販売機を野ざらしに できるのは日本の特徴です。 海外では自動販売機が狙われるので 数が限定されています。(対人口割合) では実際に日本ではどの程度の台数が 稼働しているのでしょうか。 飲料自動販売機:244万台 食品・タバコ等自動販売機:24万台 乗車券・食券・入場券等自動販売機:6万台 日用品雑貨自動販売機:24万台 の合計298万台となっています。

競争相手と手を組む

ニュースから企業経営のヒント ビジネスモデル マーケティングのヒント 将来予測
+メッセージ

競争相手と手を組む事例が増えている 長年、定点観測していると ・ゆっくりした動き を感じる時があります。 最近では、競争相手だった同業と 手を組む事例が目に付き始めました。 背景として、 新たな競合が異業種から参入してきて 苦慮している状況があります。 そのため、かつての競合と手を組み

また新しい市場ができている

ニュースから企業経営のヒント
睡眠

新たにできる新市場 最近はテクノロジーの普及が加速期に 入っています。 ひとつにはスマホの普及があり、スマホ 連動のサービスがつくりやすくなったこと。 もうひとつは、IoTの発展です。 センサーで測定できる場所、時間が 急激に広がっているからです。 この流れ、止まりそうにありません。 法人向け商品サービスだけでなく

トライ&エラーからトライ&ラーンへ

ビジネスキーワード 人財教育

トライ&エラーとは 日本ではトライ&エラーを試行錯誤という 意味で使われています。 正式には ・トライアル & エラー らしいのですが、通常はトライ&エラーの 方が常用とされている状況です。 意味としては試行錯誤なのですが、 ・試す ・失敗する を繰り返すこと、あきらめずに 取り組むことという意味で使って いることが普通です。 失敗しながらゴールにたどり着くこと、

関連サービスが増える業界

ビジネスモデル
交通 自動車

サービスを増やすことで維持する ビジネスは常に新しい商品・サービスを 創り続ける運命にあります。 主力の商品・サービスで売上利益を確保 しますが、その商品・サービスが続く ことはありません。 通常は緩やかな曲線を描きながら減少 していきます。 その減少曲線を想像しながら経営を 進める必要があるのです。 急激な下降線を描くようになった時に

建築の手法は幅広い

ニュースから企業経営のヒント 将来予測

建築は幅広い このブログで何度も建築のことを 取り上げています。 建築の仕事に携わっていたのも ありますが、建築の工法は幅広いので 興味を持って見ています。 また新しい工法が生み出されるので 定点観測している業界のひとつです。 住宅の建築数は景気にも影響を与えるので

移動のバリエーションが増えるのか

ニュースから企業経営のヒント ビジネスキーワード
自動車

歩く・自転車・バイク・自動車以外の選択肢 移動という行為の歴史を振り返ると 選択肢が広がるのが理解できます。 歩くという選択肢しかなかった時代から 自転車の普及で一気に行動範囲が広がり ました。 その後、原動機付自転車というジャンルが 広がり、日本でも200社のメーカーが 乱立した時代もあります。 戦後は自動車のモータリゼーションが

QRコード決済は広がるのか

マーケティングのヒント
fjコンサルタンツ動画ダイジェスト

そもそもQRコードはどこがつくったのか QRコードの普及が広がりそうです。 iPhoneのカメラも標準で読み取ることが できるようになりハードルが下がっています。 そこに来て、今後はQRコード決済が 普及しそうな気配です。 もともとQRコードの発祥を調べてみると ・デンソー(現在のデンソーウェーブ) が開発したものです。 工場や配送センターで使用するために

ページの先頭へ