【fjコンサルタンツ365日Blog:3512投稿目】

toms

コーズ・マーケティングとは

コーズ・マーケティング(Cause marketing)とは

コーズ・リレイティッド・マーケティング(Cause related marketing

とも言い、

・商品、サービスの購入によって社会貢献と結びつく

手法のことを指しています。

社会貢献とマーケティングが結びついた手法とも

いえます。

 

1960年代にはじまった

・ベルマーク運動

が起源とされています。

 

ベルマーク運動とは、協賛企業の商品に

ついているベルマークを集め、その

点数と同額を支援するキャンペーン。

 

コーズ・マーケティングは簡単に言えば

・商品を買えば売上の一部が寄付される

取り組みだと考えればわかりやすいです。

 

コーズ・マーケティング事例

コーズ・マーケティング事例は予想より

多く、さまざまな企業が取り組んでいます。

 

ユニークなところでいえば

・靴を一足購入すれば発展途上国に1足贈られる

という例があります。

 

TOMSとうい企業が取り組んでいます。

One fo Oneというプロジェクト名に

なっており、コンセプトは

『あなたが靴を1足購入するたびに、TOMSから

子ども達に新しい靴が贈られます。』

というコピーです。

toms

この取り組みの特徴は

・モノ(靴)

を自らの手で届けていることです。

 

コーズ・マーケティングでよくあるのは、

売上の一部(収益の一部)を寄付する

という手法です。

 

これだとどの程度寄付されているのか

わかりにくい場合があります。

 

中には、本当に寄付されているのか

疑問を持つ人もいるかもしれません。

 

そんな疑問点を払拭させる内容で

・自分たちで届けています

と書かれてあります。

 

安易にはできないコーズ・マーケティング

こうした社会貢献を軸にするということは

安易には取り組めないということ。

 

もしくは一過性なものなのか、継続性

あるかも問われます。

 

ただ、このコーズ・マーケティングを

継続的に行っている企業に対する

安心感は絶大なものだと感じます。

 

初めてその企業を知った時でも、コーズ・

マーケティングの取り組みをしているだけ

で安心をよせるようになるのです。

 

今後は、マーケティングの一環ではなく

社会的貢献を主たるビジネスの柱と

する企業が徐々に増えていくと思います。

 

マーケティングの一部ではなく

ビジネスモデルの一部になってきていると

感じます。

 

もともと会社(法人)は社会的貢献を

しています。

存在だけでも社会的貢献をしているとも

いえます。

 

しかし、それだけでは不足だと思われて

いるのです。

 

どの企業もコーズ・マーケティング的な

取り組みができると考えています。

 

できるところから、継続しながら

進めていくことだと思います。