QRコード決済は広がるのか

Posted by 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi | マーケティングのヒント | 土曜日 18 8月 2018 9:34 AM

【fjコンサルタンツ365日Blog:3524投稿目】

QRコード

そもそもQRコードはどこがつくったのか

QRコードの普及が広がりそうです。

iPhoneのカメラも標準で読み取ることが

できるようになりハードルが下がっています。

 

そこに来て、今後はQRコード決済が

普及しそうな気配です。

 

もともとQRコードの発祥を調べてみると

・デンソー(現在のデンソーウェーブ)

が開発したものです。

 

工場や配送センターで使用するために

開発されたものだったのです。

 

QRコードが開発される前は

・バーコード

が普及していました。

 

しかし、文字制限があり(20文字程度)

用途が広がらなかったのです。

 

そこで編み出されたのがQRコード。

数字だと7000文字まで表現可能な

コードが開発されたわけです。

 

ちなみにQRコードのQRとは

・クイック レスポンス

の略称だそうです。

 

QRコードが広く普及した要因は

・利用をオープンにした

ことです。

 

著作権はデンソーウェーブが所有していますが

利用はオープンになっているのです。

http://www.qrcode.com/patent.html

 

そのため現在のように広く普及している

わけです。

 

QRコードの作成は下記サイト

https://m.qrqrq.com/

でつくることができます。

 

QRコード決済サービスが多発

QRコード決済サービスが乱立し始め

ました。

 

大手通信キャリアのドコモをはじめ

ヤフー、金融機関、楽天、LINEと

続々と発表しています。

 

衝撃的だったのは、6月にLINE Payが

・初期費用無料

・加盟店決済手数料無料(3年間限定)

を発表したことでした。

 

こうした決済の仕組みを店舗等が

導入するのにハードルにはるのが

・初期費用

・手数料

の額(率)です。

 

初期費用の中には、専用端末が必要に

なるクレジットカード決済等もあります。

 

QRコード決済では専用端末も

不要なので、初期費用がソフトもハードも

完全無料で導入できるわけです。

 

すべてが無料になることで導入や

切り替え(スイッチング)が行われ

やすくなるでしょう。

 

「無料ならとりあえず導入しよう」

と考える会社も多くなるわけです。

 

それにしても、手数料の低さを争って

いた時に、一気に無料を打ち出してきた

LINEはインパクトがあります。

 

他の企業が手数料1%以下と打ち出して

いたのが、かすんでしまいました。

 

シェア争い、覇権争いというのは

熾烈な争いだというのが実感できます。

 

私はキャッシュレス決済派なので

こうした動きには賛成です。

 

世の中からキャッシュ(現金)が不要に

なればどれだけ効率が上がるのかを

真剣に考えます。

 

とはいっても、すぐに実現するわけでもなく

時間を要することだと冷静に予想しています。

 

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Sorry, the comment form is closed at this time.

1 / 11