fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

レベニュー最大化とはRevenue Maximization

ホテル

【fjコンサルタンツ365日Blog:3598投稿目】

ホテル

レベニュー最大化とは

売上を最大にすることを

・レベニュー最大化(Revenue Maximization)

といいます。

 

よく例に出されるのがホテルや航空機。

もともと顧客に提供する数が限定しており

時間も限定されているビジネス。

 

売上を最大にするには

①稼働率を上げる

ことが求められます。

 

空室、空席を減らす努力をしているのです。

そのため、部屋数、席数以上の予約を

受け付けるというセオリーがあります。

 

キャンセル率を見込んで100%以上の

予約を受け付けるのです。

 

そのため見誤るとオーバーフローになる

こともあります。

 

部屋のグレードチェンジ、席のグレードアップは

そうしたことが原因です。

 

直前で安売りする

空室率を下げるためにホテルは直前になると

②安売り

をしてくることもあります。

 

特に予約がなかなか埋まにくい日曜日などは

ビジネスホテルが安くなるケースが目につきます。

 

高速バスなども直前になると激安になることが

あり、東京〜大阪の高速バスでは2,000円台と

いう料金があらわれることもあるのです。

 

3ヶ月前予約が安いケース

航空機などは3ヶ月前からの予約だと

安くなるケースがあります。

 

これは、ある一定数の席数を売ることで

売上を確保しておくのが狙いです。

 

ランニングコストである燃料代分を

こうした予約の売上で確保しておく

ということです。

 

ツアー会社にまとめて席数を売却するのも

同じような狙いがあります。

 

特に早朝便や最終便などで空席が見込まれる

便は特別な価格になることがあります。

 

値段を釣り上げる

最近は少し熱が冷めましたが一時期、都心では

ビジネスホテルが不足し、価格が高騰しました。

 

金曜日のビジネスホテル価格が通常1万円が

2万円〜3万円と上ったのです。

 

これもレベニュー最大化のひとつです。

限られた部屋数なので100%埋まって

しまえば最大化は値上げしか残されて

いません。

 

もともとツアー料金はハイシーズンに

なると2倍程度まで上がります。

 

これもほぼ100%の予約になるのが

見込まれるので値上げがされるのです。

 

高額グレードから引き渡す

電気自動車のテスラ社がレベニュー最大化を

行っています。

 

3万5千ドルのテスラ3が量産化になり予約者へ

引き渡しが始まっています。

 

テスラ社は初速の売上を最大化したいために

バッテーリー容量が大きいバージョン(5万5千ドル)の

車から引き渡すことを通知しています。

 

そうなるとはやく手に入れたい人は5万5千ドルの

バージョンへと移行して手に入れるようになるのです。

 

そのため初期売上が予想より増加する

ということです。

 

5万5千ドル/3万5千ドル→5割増になる可能性が

あるということです。

 

以上のように売上最大化は会社側である程度

コントロールできる領域です。

 

経営的に売上最大化を求める時期には必要な

施策のひとつだと感じます。