【fjコンサルタンツ365日Blog:3655投稿目】

年末年始に新年の計画を立てる人が多いが

年末年始に今年の振り返りと新年への

計画を立てる人は多いと思います。

新しい手帳を手にして新年への期待も

出てくるからです。

来年こそは「・・・を実現したい」

「・・・に行きたい」など考えることも

多いことでしょう。

計画を立てていくのは楽しい作業です。

今年やり残したこと、手をつけられなか

ったこと、時間がなかったことなどが

計画を立てている時に『実現する期待』が

湧いてくるからです。

そんな期待が出てくる時は、思い切って

今までできなかったことにもチャレンジ

しよう、と意気込むことも出てきます。

計画達成との関連性はどこか

チャレンジしたい項目というのは

過去に取り組んで未達成、失敗した

項目も含まれていると思います。

特に何度も失敗を重ねている項目は

「今年こそは・・・」

という決意をすると思います。

この決意、必要なのでしょうか。

決意すると計画が達成するのでしょうか。

実は、計画を立てる時に決意する

というのは全く意味はありません

 

決意する、決意しないによって

計画達成が左右されることはないのです。

どうしてか?

決意を時間軸で表現すれば「その時だけ」

になります。

持続性がないのです。

そのため計画が実践に移った時に継続性が

発揮されないので未達成で終わるのです。

振り返ると実感する人もいるのではない

でしょうか。

・◯◯を習得したい

といったことは特に決意だけで終わって

しまいがちな項目です。

情熱を持つこと

その一方で情熱は計画達成を左右します。

情熱を時間軸で表現すれば「継続的」な

ものです。

情熱が強ければ計画達成しやすいという

関連性があるのです。

計画を立てることとあわせて情熱を

持つことです。

持続的な行動が計画を達成するので

持続的な行動を促すことに直結する

内容が必要なのです。

その点を履き違えると未達成のまま

また1年が過ぎてしまいます。

計画を立てて、決意をして満足して

しまうというのは未達成に終わること

を約束しているようなものです。

その点を気がついておくことです。

時間を組み入れる気合を入れない

やろうと思っているけど実践できない

ことは単に時間を取れていないと考える

ことです。

 

まずは時間を組み入れるだけです。

たとえば「資格を取得する」といった

ことを計画するならば「毎日30分」を

スケジュール表に入れることです。

 

手帳やカレンダーに「毎日30分」を

書き込んで、あとはやるだけです。

 

実践するときもコツがあります。

それは、実践する時に「気合」を入れ

ないことです。

 

淡々と行うことです。

最初はまったく頭に入らない、残らない

状態かもしれません。

成長を感じられないかもしれません。

それでも淡々と記入したスケジュールに

沿って「毎日30分」をこなすことです。

 

毎日30分をこなし続けていくと量が

質へと転換していき、頭の中に残って

いくのです。

 

初期の段階で手応えを感じないことが

普通なので、そんなことを意識しないで

続けることに意識を集中することです。

その結果、習慣化するだけのことです。

 

本日のまとめとしては

・決意しない

・気合を入れない

・時間を組み込む

・淡々とこなす

・習慣化する

ということになります。