【fjコンサルタンツ365日Blog:3663投稿目】〜3ヶ月で1冊分の知識転移〜

多様性を考えていた

ちょうど年末に企業の価値観の

多様性について考えていました。

当ブログでも取り上げています。

多様性の感覚が会社を変える

 

そんな中、2年前のデータですが

「女性役員がある一定の割合以上に

なっている企業には特徴がある」

という調査を見つけたので深く

掘り下げてみます。

 

調査概要

米国のシンクタンクである

ピーターソン国際経済研究所

調査した結果があります。

 

2016年の調査報告です。

Is Gender Diversity Profitable? Evidence from a Global Survey

 

調査したサンプルは

21,980社

で91カ国に本社を置いています。

 

過去、別の調査では2,000社のサンプルで

結論は出ていなかったようです。

 

そのためこの調査ではサンプル数が多い

のです。

 

約22,000社のサンプルを見てみると

女性役員が記録されているのは4割に

しか過ぎず、6割では記載がなかった。

(13,017社で記載なし)

 

実際に女性役員がいない企業は5割

も及んでいます。(11,802社)

 

女性役員が1人いる会社の数は約3割

7,000社程度という結果です。

 

女性CEOの割合は5%未満の945社しか

なかったということです。

企業業績向上に相関があるのは・・・

この調査でわかったことがあります。

それは、企業業績向上に相関があるのは

・女性役員の割合

だということ。

 

ここでは役員の中における女性の割合を

指しており、企業のトップ(CEO)に

ついては相関関係、影響がないと言い

切っています。

 

女性CEOだから業績が向上するという

関係(影響)は見い出せなかったと

いうことです。

 

では、女性役員の割合がどの程度あれば

業績と相関関係があるのでしょうか。

 

1つの指標が

女性役員3割

です。

 

下記グラフをご覧ください。 

縦軸が「女性役員の割合」(percent of women on boards

横軸が「女性役職者の割合」(percent of women executives

になっています。

 

わかることは、

約3割の企業は

・女性役員:5%未満

・女性役職者:5%未満

であること。

 

約8割近くの企業が

・女性役員:3割未満

・女性役職者:3割未満

に集約されていることです。

 

女性役員3割の会社は利益率が15%高い

女性役員の割合は業績にどの程度

相関関係があるのでしょうか。

 

女性役員の割合が3割の会社と

女性役員0人の会社の比較が

あります。

 

女性役員3割の会社の方が

利益率15%高い

という結果になっています。

 

このように見てくると、指標が

明確になってきます。

 

・女性役員の割合に相関関係がある

・女性役員の割合3割が分水嶺

ということです。

 

女性役員の割合が3割を超えてくると

業績に連動するという結果になることが

予測できます。

30%クラブが2019年春に日本でも

2010年に英国ではじまった「30% Club

という活動があります。

 

これが2019年春に日本でも活動開始

するようです。「30% Club Japan」

 

現在、日本では上場会社における

女性役員の割合は3.7%(2017年時点)。

大型株であるtopix100では6.5%。

2030年までにtopix100で女性役員の

割合を30%にする目標を立てています。

 

女性役員の割合がすべてではありませんが

多様性がある視点で経営する方が利益率も

高く、また困難な場面でも乗り越える率が

高いことを知っておくことだと感じます。