fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

月: 2019年2月

虫眼鏡

無形資産に気がつくと会社は飛躍する

「もったいない、ああ もったいない」と無形資産に気がついた人だけが口にする言葉です。世の中の企業で無形資産に気がついている会社がどの程度あるのでしょうか。無形資産に気がついていない企業が同業他社の中で大多数を占めているならば今がチャンスです。なぜなら無形資産に気がつくだけで経営が飛躍するからです。その理由をこれから解説しますがどちらにしても速く気がつくことでメリットを享受できます。他社が気がついたらメリットは薄れていくだけです。

これ広がるといいな

20代女性の持ち物がミニマムになりつつあります。出かける時の持ち物を最小にすることが流れです。時には学校に行く時にノートが入らないバッグ等を使っているので、ルーズリーフを折りたたんで持ち歩いたり。そんな中で欠かせないモノとして・モバイルバッテリーがあります。スマホが万能になり、すべてをまかなえるようになったので、逆にスマホが動かない状態では何もできないのです。そのため、生命線であるバッテリーが欠かすことができないモノになってしまったのです。スマホの優先順位は財布より上に来ています。スマホ充電用のモバイルバッテリーも財布より優先順位が高くなっているのかもしれません。
お札

ゼロ円で生活したい

「週末ゼロ円で過ごしました」「お金使ってません、まったく」「ゼロ円で生活したい、と考えてます」そんな極端な生活をする人がまわりに出現していませんか。お金に振り回される人生がなんとなく嫌になって、お金からの自由を求めたくなっている人たちです。「お金からの自由」を考えるとき、・お金を稼ぐという発想もありますが、そのもう一方で・お金を使わないという極端な発想も出てきて当然なのです。振り幅は大きく、両極端に人は分かれていくという法則があるくらいです。今回はその中で「ゼロ円生活」について考えてみたいと思います。

将来の新人教育を考えるならば知っておくこと

「ちょっと聞いてください、こんなことが あったんです。新しく入った新人の子が・・・」 「今度入った新人の考えてることがわからない・・・」 「いったい何を考えているんだろうか、彼らは」 と20代を中心とする若手世代の教育に手を 焼いていることがあります。 先輩社員、上司、リーダー、は10歳、20歳と 歳が離れており感覚の違い、価値観の違いに 戸惑いを隠せません。 20代の若手世代と呼ばれる人たちも間違った ことをしているわけでもなく、自分たちの 感覚で判断し、行動しているに過ぎません。 こうした世代間のギャップはどこから 生まれるのでしょうか。

空の移動革命ロードマップ

人を乗せたドローンがいつ実現するのだろうか。もし実現するなら、どのような世界が待っているのか。私たちの生活は変わるのだろうか。期待と不安の交えた将来のひとつが移動手段の刷新、移動革命です。経済産業省が2018年12月に取りまとめた空飛ぶクルマを実現するためのロードマップがあります。正式には「空の移動革命に向けたロードマップ」と称されています。ロードマップを見ると2019年から試験飛行、実証実験を開始し、・2023年事業スタートとしています。ということは、4年後には空飛ぶクルマがどこかで実現するかもしれない、ということですね。

情報化社会なのに、なぜ速読やらないんだろうか

「メール送ったけど読んでる?」 「グループウェア見てないの?」 「スケジュール共有しておいたでしょ」 「あのニュース見た?見てない?」 今の世の中、仕事をこなすというのは 情報をいかに処理するかにかかっています。   スマホの通知が追いかけてくる、という 恐怖感がストレスになっています。   今後は仕事で接する情報量はどうなるので しょうか。増えるのか、減るのか。   情報爆発と言われ続けてきましたが、 今後も情報量は増えていくでしょう。   その根拠にスマホの通信スピードが まだ上がるからです。   4Gから5Gになれば通信速度100倍、 通信容量1,000倍になるといわれています。   映画が2秒〜3秒でダウンロードできる 能力です。   これだと「あの資料見たよね」と言われた 時に「データが大きかったんで・・・」、 「外にいたので・・・まだ見てないです」という 言い訳ができなくなるということです。  

課長になりたくないと言われたらシャドウイングで育てる

「いやですよ、課長になるのは」 「しんどそうですし、うちの課長」 「責任だけ増えて手当は少しじゃないですか」  と言い出す人が増えています。   最近の若い奴はまったくやる気がない、と 一刀両断して終わりでもいいのですが 会社経営ではそんなことも言ってられません。   人が育ち、成長して、主要な役職について 役割を果たしてもらうことで会社組織は 成立するようにできています。     「昇進したくないと言われて困っている」 「何をしていいのか、手の打ちようがない」 「想定外の価値観だ」 と言われた側は大きなとまどいとともに フリーズしているのではないでしょうか。   この問題、世代の問題だけで片付けられる ものではありません。 深く考察してみると他の要因もあるのが わかり、解決への糸口が見つかります。