【fjconsultants365日Blog:3697投稿目】〜1日3分、3ヶ月で1冊分の知識転移〜

フレームワークを知ること

フレームワーク(framework)とは

直訳では

・枠組み

・構造

・骨組み

という意味になります。

建築物では構造体、骨組みのことを

指します。

 

ビジネスでは、分析をしたり、判断決断

する、構築するために用いるツールを指しています。

 

ビジネスのフレームワークには数多くの

種類があり、また新しく作り出される

フレームワークもあのるで常に振り返り、

追加をしておく方が無難です。

 

身につけるとなにが変わるのか?

フレームワークを身につけると

何が変わるのでしょうか?

 

「そんなものなくても仕事できるよ」

という声も聞こえてきそうです。

その通りで、フレームワークがなくても

仕事はできるでしょう。

 

ただフレームワークを身につけると

見えてくる世界が広がり、選択肢が

増えるだけです。

 

それだけです。

しかし、選択肢が広がることは

ビジネスでは生命線になります。

 

順調な時は選択肢が広いことの

メリットは限定的ですが、課題に

直面する時になると、選択肢の広さが

「生きるか死ぬか」

を決めてしまうのです。

 

フレームワークが重宝されるのも

こうした背景があるのです。

 

 

AARRRとは

目新しいフレームワークではありませんが

AARRRを取り上げてみます。

(アーと読みます)

 

2007年頃にDave McClure氏が提唱した

フレームワークです。

 

主に顧客をどのように囲い込むのかを

示してくれる内容になっています。

h 

AARRRは下記の頭文字を集めたもの

になります。

①Acquisition:獲得(ユーザー)

②Activation:スタート

③Retention:継続

④Referral:紹介制度

⑤Revenue:収益

 

こうした顧客育成のプロセスは

他にもありますが基本として知って

おくとビジネスを構築する上では

優位に進めることが可能です。

 

①まずは顧客獲得からAcquisition

スタートはやはり顧客の確保から。

購入してくれる顧客を集める方法も

ありますが、どちらかといえば

見込みのある顧客を集める方が

ハードルが低いです。

 

ここでは「興味がある」程度の顧客を

集めることを提唱しています。

 

まずは初歩の初歩で、興味を持って

もらうことからスタートです。

②使ってもらうActivation

次の段階もまだ購入前のプロセスです。

サービスを利用し始めてもらう段階。

 

このAARRRは主にネットサービスを

想定して組まれておりネットサービスを

イメージするとわかりやすいのです。

 

登録してもらって、サービスの利用を

スタートしてもらうことが先へと

つながるのです。

③継続してもらうRetention

ネットサービスなどは、登録や会員に

なってもらっても利用が継続しなければ

ビジネスになりません。

 

登録数や会員数を宣伝に使っている会社も

ありますが、実際の収益につながるのは

継続して使ってもらえるアクティブな

顧客だけです。

 

継続が要になります。

ビジネスは顧客が継続しているかで価値を

判断することが可能です。

 

もしくは、継続するビジネスを提供しな

ければ価値が発生せず、収益化は難しく

なるのです。

④紹介をいただくReferral

次の段階ではアクティブな顧客から

紹介をいただくプロセスになります。

 

ビジネスでは紹介が出る仕組みを

つくると一気に収益が跳ね上がります。

 

宣伝費、営業費用が下がるからです。

紹介でビジネスを成立させる、紹介だけで

新規顧客を集められるようになると

経営の眺めが変わるのです。

 

「営業していません」「広告費もあまり

使わない」といった経営ができることは

あるべき姿のひとつだと覚えておくことです。

⑤収益源Revenue

AARRRでは最後に収益の段階を

持ってきています。

 

①〜④のプロセスを丁寧に構築すると

収益は最大化へと近づいていくのです。

 

こうしたフレームワークを見ると

ビジネスの基本は変わらないと

感じます。

 

基本を押させておく、しかもそれを

実現していく。

時間がかかっても到達させたい内容だと

思います。